FC2ブログ

おちょこブログ

おちょこの裏ほどの器から始まったストーリー (旧タイトル:へなちょこブログ)

キジハタ 突き 

2019.09.08





何度も外してようやく一匹。



















こんなに綺麗で、美味そうに見えて美味い魚は一人一匹くらいじゃないとバチが当たるね。



てかこれが僕の限界で、これ以上何を求めろと…。





20mとか潜って50cmくらいのキジハタ獲って動画アップしてる人はやっぱり化け物だわ。






台風も来てて海遊びが凄いことになってきてるけど、そろそろ山いきたい誰か。






おわり
スポンサーサイト



高原リゾートの蕎麦屋 

2019.08.15

僕の浅い見識によれば、高原リゾートの小洒落た蕎麦屋は、だいたいがIターン開業で歴史は浅く、高くて不味い。


そしてやたらとデカい竹ザルの中心に、蕎麦が文字通り「ちょこん」と鎮座する。

それはもう、目玉焼きの黄身の部分くらいの割合で。


これは、フレンチか何かですか。




価格表記は十中八九が税抜きで、グループ客の個別会計を頑なに拒む。


面倒なオペレーションはことごとく排除され、七味など、実は欲しい「なんのことはない」調味料がテーブルの上になかったりする。




残念ながらそういうのは、提供側の想像を遥かに超えて、これでもかと、お客さんに伝わっている。




しかし大抵が一見の観光客だから、貴重な「お客様のご意見」を頂戴することは、まずない。

彼らはヒマではないのだ。






対して、行列はできなくても、地元の人に支えられている息の長い蕎麦屋は、だいたい美味くて値段も相応。


外観は冴えなくても、店内は割と綺麗だったりする。





外食をすると必ず思うんだけど、人様からの信頼は「普通のこと」を継続することでしか得られない。


そしてそれがもはや普通ではないという事実に、気付かなければならない。


いや、特別なことだと思っていないから出来ているのかもしれない。





東京で叩き込まれたはずの商売のイロハが、脱サラIターン開業の蕎麦屋で発揮され、成功を収めている、という実に有りそうなケースを、僕は見たことがない。




最後に、鬼越トマホークの金ちゃんが焼肉屋の店長時代、僕らバイトにこぼした名言を。


「あの店は接客が良いからまた行こう、とはならないが、接客が悪かったら二度と行こうとは思わない。」





おわり

マンション鬼ごっこ 

2019.07.07

僕は幼少期のほとんどを東京で過ごしたから、遊びといえばもっぱら「マンション鬼ごっこ」だった。



綺麗な山や川があるわけでなく、かといって公園が広いわけでもない、東京の片田舎という半端なフィールドでは、それ以外の選択肢は無いといってもいいくらいマンションは魅力的だった。




豊洲あたりの整然として尖りまくったマンションに比べれば、その管理体制は緩く、それは僕らに開かれた要塞であった。




今でこそ理解できる土地境界の存在、まして不法侵入罪などは、理屈は分かっていても僕らとは無関係のものだったし、たまに通報されてやってくる警察にとっても、それは暇つぶしの一環でしかなかった。





一度マンションの塀に向かって立ち小便をしたときは学校に連絡がいってチビりそうになったけど、すでに小便をしていたのだから悪しからず。





僕らは次々に新しいマンションを開拓し、その構造や、管理人の有無、「有」ならそのスタンスを観察した。



コの字になっているような大きくて複雑なマンションであればあるほど、それは遊び場としての価値を上げるが、管理人が常駐しているケースが多い。




僕らが最も多く通ったマンションにも、野球帽をかぶった背の低いオジサンが箒を持って徘徊していた。



鬼から逃げるだけでなく、管理人からも逃げる必要があるマンション鬼ごっこでは、管理人のスタンスはとても大事だ。




淡々と通報するような管理人は話にならないが、そこのオジサンは僕らと近距離で鉢合わせた場合のみ、箒を振り上げて「コラ!またお前らか!」と怒鳴った。




それは子供ながらに「怒っている風だけど、どこか楽しそうな大人」だと認識できた。

そういう悲しくも素敵な大人の性を知ったのは、そのときが初めてだと思う。





遠目には、温かい目で見守ってくれていたのだ。

知らんけど。






僕たちはマンションの規模に応じて、鬼の数を二人にすることもあった。


マンション鬼ごっこにおける鬼役の孤独感は半端なものではないから、一度大きいマンションで一人で鬼役をやった誰かが言い出したルールだ。



そんな健気で純粋な子供たちの自治は、気のいいオジサンの懐に入り込むには充分なものであっただろう。





いまでもマンションが子供たちの遊び場として機能していることを願いつつ、住宅ローンを支払っている身としては自分の敷地に侵入されて騒がれるのはたまったもんじゃないので、ほどほどにね。





おわり

アカハタ 35cm 

2019.06.15




イカの漁獲高減でサイゼリヤの「真イカのパプリカソース」が終売になると聞いたので、アカハタを獲りに。












「海の宝石」といえばキンメやノドグロや蒼井優のイメージだけど、透明度の高い海の中で見るアカハタは全く引けを取らない。


この歌舞伎役者を彷彿とさせる和のテイストは、陸上で見るアカハタからは伝わらない。
















ほらね。 陸でも超きれいで美味そうだけど。そのまま食えるんちゃうかコレ。











素人さばきの炙りでも、素材が良すぎて失敗なし。




そういえば、ワタを取るとき胃の中からは小さいカニがたくさん出てきました。 そりゃ美味いわ。







おわり

真面目ゾンビーズ 

2019.05.25

僕は「学校なんて退屈でくだらねえ」と叫び続ける金城一紀とか浜田省吾とか尾崎豊が好きで、その作品をよく読み返し、飽きることなく聴いている。




しかし、僕はといえば学校が大好きだったし、まさに彼らが忌み嫌うような学生生活を送っていた。



盗んだバイクで走り出すなんてのは夢のまた夢、夜の校舎の窓ガラスも一枚も割れないどころか、制服の一番上のボタンすら外せない超マジメ君で、先生の顔色をうかがっては、テスト前の勉強をセコセコとこなし、高校の合格発表は、親より先に担任の先生に報告した記憶すらある。



そんなスーパー可愛くない中坊の僕に、金城一紀のいう「大人たちに同列にされて管理されている」なんて感覚はなかった。



それどころか、校内の秩序を作り上げているのは管理されているはずの僕たちで、土日の部活を含め、こんな中坊を相手に毎日カリキュラムをこなす先生をリスペクトしていた。



どちらかというと「ワルい」集まりだったと思われるサッカー部内でも運良くイジメられた記憶はないし、たしか好きな女の子とかもいて、僕にとって学校とは「行けば楽しいもの」で、永遠に学生であることを望んでいた。



草野マサムネが名曲 "君が思い出になる前に" で言っているけれど、「きっと僕ら 導かれるままには歩き続けられない 二度とこれからは」とはまさにその通りで、学校を卒業してしまうと、約束された人間関係はなくなる。自分で選択していかなくてはならなくなる。



だから、卒業はとても辛かった。



卒業シーズンに必ず耳にするどうでもいい格言、一月は行く、二月は逃げる、三月は去るとか、クソ喰らえと思っていた。






しかし、大人になってからの物の考え方や嗜好は、反面教師的に形成されたものがほとんどだ。



いま僕が読む本や聴く音楽は、だいだいが「校舎の屋上でタバコを吸ってるのがバレて停学になる」系のものばかりで、その美学に触れ続けていると、いまさら「違った学生生活もあったかなぁ…」などと本当は思ってもないことを考えたりする。




まぁ僕にはタバコをくわえる度胸も器も無く、仮病で授業をサボってゲーセンに行くくらいが関の山だろうけど。それも、午後には「先生すいません、良くなりました。」といって学校に行くだろう。





久しぶりに金城一紀のゾンビーズシリーズを読んで、改めて学生生活をシミュレーションしてみた。




でも何度やってみても、僕の制服の一番上のボタンが外されることはなかった。







おわり

 | HOME |  »

プロフィール

おちょこの裏

Author:おちょこの裏
群馬県月夜町生まれ、茅ヶ崎市在住。
サッカー 登山 スキー 素潜り サーフィン ミスチル ビール が主。

■登山録

富士山・比叡山・筑波山・八丈富士・谷川岳・瑞牆山・雁ヶ腹摺山・三国山(群馬県)・越前岳・大山・塔ノ岳・荒船山・上州武尊山・蓼科山・雄山・大汝山・燕岳・大峰山・吾妻耶山・行者ケ岳・二子山・鍋割山・黒斑山・碁石ケ峰・袖平山・伊豆ヶ岳・大菩薩嶺・川苔山・編笠山・権現岳・掃部ヶ岳・道峰山(ソウル)・高水三山・生藤山・黒檜山・日光白根山・甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳・羊蹄山・一ノ倉岳・茂倉岳・奈良倉山・蝶ヶ岳・白馬岳・両神山・宝登山・雲取山・檜洞丸・妙義山・入笠山・武奈ケ岳・荒島岳・八経ケ岳・西穂高岳・伊吹山・叔母子岳・剱岳・丹沢山・岩湧山・穂高岳・涸沢・弓折岳・双六岳・槍ヶ岳・樅沢岳・三俣蓮華岳・赤岳・横岳・白山・涸沢岳・小蓮華岳・針ノ木岳・蓮華岳
・木曽駒ケ岳・大天井岳・常念岳・奥穂高岳・ジャンダルム・北岳・間ノ岳・加入道山


◾️BCスキー録

かぐら中尾根・富士山・上州前穂高・鍋倉山・黒姫山・斑尾山・湯の丸・会津駒ヶ岳



現在は東京にて営業を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR